オアフ島 ハワイ島 沖縄リゾート 沖縄教会

沖縄ウェディングの魅力 沖縄ウェディング体験者の声
沖縄リゾートウェディング【公式】The Premium OKINAWA Wedding Time

日本語English

ロイヤルカイラ 沖縄リゾートウェディング【公式】 menu open

沖縄ウェディングの魅力 沖縄ウェディング体験者の声

> > 沖縄ウェディングの魅力 沖縄ウェディング体験者の声

沖縄ウェディングの魅力CHARM OF OKINAWA WEDDING

VOICE沖縄ウェディング体験者の声

沖縄で実際にリゾートウェディングを挙げた方々の体験談をお伝え致します。
沖縄でのウェディングやビーチフォトの参考にして下さい。

『高級ヴィラに感動しました!!』
カケル様(31歳)

『高級ヴィラに感動しました!!』

彼女から、沖縄でビーチフォトを撮影したいと言われた時は、とてもビックリしました。と言うのも、今までデートなどで写真を積極的に撮るタイプではなかったからです。
結婚式は挙げても挙げなくても、どちらでも良い。でも、沖縄の青い海をバックに一生に一度だけのウェディングドレス姿を記念に残したいと言うのです。
そんな彼女のために、いろいろな沖縄ビーチフォト情報をかき集めました。そして、目にとまったのが、高級ヴィラ宿泊付きのこちらのサイトでした。
正直に言いますと、写真撮影にそんなに興味がもてなかった僕ですが、ヴィラに魅かれ、ここに決定。
写真撮影だけでなく、ビーチウェディングもセットにして、彼女と素敵な時間を過ごすことができました。
ヴィラに対しては逆にそこまで興味を持ってなかった彼女ですが、一歩足を踏み入れたとたん「すごい!めっちゃ綺麗!めっちゃ広い!!感動!」とテンションが上がり、始終笑顔で本当に嬉しそうでした。
ビーチウェディングやビーチフォトだけなら、他のところでもできると思いますが、このヴィラにはどこも勝てないと思います。一生に一度の、永遠に忘れられない思い出ができました。

『1日1組限定だから、高齢の祖父母も安心』
カホ様(26歳)

『1日1組限定だから、高齢の祖父母も安心』

いとこのお姉さんが、昨年ハワイでリゾートウェディングを挙げました。ビーチウェディングとビーチフォトのセットだったのですが、出来上がった写真の素晴らしさに驚いてしまいました。
青い空と海に祝福されるウェディングを私も挙げたい!そして、素晴らしいビーチフォトを撮影してもらいたい!!と思うようになったのは、自然の流れだと思います。
しかし、現実的にハワイは遠すぎます。彼には高齢の祖父母がいて、孫の結婚式の参列を夢見ていましたので、彼の両親にもしぶられてしまいました。そこで、候補に挙げたのが沖縄挙式です!
沖縄なら70歳を越える二人でも安心して参列できると言うので、沖縄でリゾートウェディングを計画しました。
高齢の祖父母のためにも、ゆっくりと時間をとってもらいたいと思い、1日1組限定のロイヤルカイラウェディングさんでの挙式を決めました。
当日は快晴!真っ青な海がキラキラ輝くビーチで永遠の愛を誓い、たくさん写真を撮影してもらいました。真っ白なウェディングドレスが青い海と空に映え、いとこのお姉さんに負けないくらい素敵な写真が撮れて大満足です!!忘れられない思い出となりました。
今回、私のわがままをたくさん聞いてもらいましたので、旦那様とご家族に、これから少しずつ恩返し(?)していきます。

『彼女からの逆プロポーズ!沖縄の風の中でウェディング』
ダイチ様(32歳)

『彼女からの逆プロポーズ!沖縄の風の中でウェディング』

子供の頃、沖縄に住んでいました。その話を彼女にした際、「懐かしい沖縄で私と結婚式を挙げてみない?」と逆プロポーズをされました。
変わってしまったところ、変わっていないところ、いろいろとありましたが、今帰仁村の濃い緑はあの頃と同じように優しくて、帰って来たなと感じさせてくれました。昔住んでいた場所を歩いてみたり、懐かしい友人と会ったり、とても充実した時間を過ごせました。
友人も、今回宿泊させていただいたヴィラのことを知っていて、すごく良い所に泊まるんだなと驚かれました。その友人にもビーチウェディングに参加してもらい、ヴィラにも遊びに来てもらったのですが、とても感動していました。もちろん、僕と彼女もとても美しい景色とおしゃれな内装に大興奮。
懐かしい沖縄の風を感じながら、素晴らしいウェディング&新婚旅行となりました。沖縄でのリゾートウェディングを提案してくれた彼女と、親切にフォローしてくださったスタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

『新婚旅行をかねてリゾートウェディングを』
マユコ様(36歳)

『新婚旅行をかねてリゾートウェディングを』

再婚です。二人とも二度目の結婚となり、友人や職場の人を招いた大きな結婚式を挙げることに抵抗感がありました。
最初は都内で二人だけで結婚式を挙げようと考えていたのですが、せっかくなら新婚旅行をかねてリゾートウェディングをしたいねという話になりました。
グアムやハワイに行くことも案に上がったのですが、大好きな沖縄で挙式をすることに。
美しい海が目の前に広がる静かなヴィラの宿泊は、とても贅沢な時間を過ごすことができ最高でした!ウェディングは今回だけの利用ですが、またヴィラの宿泊をお願いしたいと考えています。
夢のような時間をありがとうございました。

『インスタグラムで知りました!』
ハルナ様(25歳)

『インスタグラムで知りました!』

こちらの沖縄ウェディングは、インスタグラムで知りました。まだ彼との結婚はハッキリとは決まっていない頃です。
そして数か月後、結婚が決まり色々と忙しくなっていたころに、ふとインスタグラムで見た写真を思い出しました。その時もここでウェディングをしようという気持ちはなく、地元でのウェディングを考えていたころでしたが、彼がとても気に入ってくれて今回こちらで式を挙げることに決めました。
私が初めて見た時に式を挙げようと思わなかったのは、素敵すぎて私が式をすることが想像できなかったからです。こんな夢のような場所で式を挙げられたことが本当に嬉しいです。今では、インスタグラムで見たのは本当に運命だと感じられます。
隠れ家の様なヴィラで過ごした時間もビーチフォト撮影をした時間も全て私の最高の思い出です。この写真はもちろんSNSにアップしました。
また誰かがこの写真を見て、沖縄ウェディングを検討してくれたら嬉しいです。

『テレビ番組で知った古宇利島をバックにビーチウェディング』
アユコ様(28歳)

『テレビ番組で知った古宇利島をバックにビーチウェディング』

私は旅番組が大好きで、芸能人が国内のあちこちに出かける番組を見つけると、録画予約までして見ています。
今春放送の番組で、あるスポーツ選手が沖縄を旅し、古宇利島のハートロックや古宇利大橋を気持ち良さそうにドライブする映像を見て、「行ってみたい!!」と思いました。
沖縄には3回行ったことがありましたが、この番組を見るまでは古宇利島のことは良く知らず、ネット検索したらこちらの沖縄ウェディングのページにたどり着きました。
ちょうど結婚が決まり式場探しを始めた頃だったので、沖縄でリゾート婚も良いかも!?と思い資料を取り寄せました。
沖縄本島の中でも格段に海が綺麗な場所だし、海外のリゾートを思わせるプライベートヴィラに宿泊できるので、ここだ!と思いました。
そして、美しい海と古宇利島をバックに挙式ができるビーチウェディングプランを選び、当日は私達の両親と兄弟家族が出席してアットホームな結婚式ができました。
プライベートヴィラのベットルームからも古宇利島とエメラルドグリーンの海が見えて、ゆったり幸せな時間を過ごすことができました。
翌日は両家の家族全員で古宇利島に渡り、見てみたかったハートロックや古宇利島オーシャンタワーなどを見学し親睦を深めました。
偶然テレビの旅番組で紹介された場所で結婚式を行うとは思いませんでしたが、一生の思い出になりました。

『時差が無い!フライトが短い!旅費が安い!沖縄ウェディングは最高でした』
ユカ様(29歳)

『時差が無い!フライトが短い!旅費が安い!沖縄ウェディングは最高でした』

少し前に相次いで2人の友人が海外でリゾート婚を挙げました。一人はハワイ、もう1人はグアム。ハワイで挙げる友人が「良かったら参列して」とのことだったので、週末の金土日を利用して参列してきました。
もちろん素敵な結婚式でしたが、それよりも疲れの方が勝ってしまったのが実感・・・。理由は長時間のフライトと時差です。私が結婚式を挙げる時には、ここまで両親や兄弟姉妹に負担をかけられないな、と感じました。

そこで私達は海外リゾートウェディングのような雰囲気の場所で、いろいろと負担が少ない沖縄リゾートウェディングをリサーチすることに。両親と兄弟姉妹のみが参列することを念頭に、こちらの「ガーデンウェディングプラン」を申し込むことにしました。日本国内であれば何かと心配はいりません。

一番の魅力は1日1組限定であることと高級ヴィラ-chillma-に宿泊できること。ハワイでは、式が終わる頃に次に結婚式を挙げる方達の参列者がチラチラ見えて、なんかせわしない雰囲気だったのですが、こちらはそんなことは一切なかったです。

1日目は午前中に着くスケジュールにし、昼からの結婚式に備えました。ヴィラは全部で4つあり、私達が1部屋、それぞれの両親と兄弟姉妹で2部屋借りて宿泊しました。
時差が無くフライト時間も短い沖縄は、海外で結婚式を挙げるよりも魅力的な要素がたくさんあります。おすすめですよ!

『シーカヤックで見つけた素敵な場所』
イクコ様(28歳)

『シーカヤックで見つけた素敵な場所』

生まれも育ちも東京で、自然に接する機会もなく都会で暮らしていました。社会人2年目の夏休みに同僚に誘われて初めて沖縄へ行き、海の青さと美しさに心を奪われました。
その時に体験したアクティビティがシーカヤック。エメラルドグリーンの海で潮風を感じて漕ぐシーカヤックがとても気に入り、休みが取れると沖縄に来てはシーカヤックを漕いでいました。
1年に2?3回沖縄に来てシーカヤックを楽しんでいると愛好家が集まるクラブに誘われ、そこで彼と出会いました。彼と私は沖縄と東京の遠距離、交互に行き来をしても年に数回しか会えず付き合っているのか分からなくなる時もありました。
でも、遠距離交際を始めて2年目のクリスマスに彼が東京でプロポーズをしてくれました。私の両親や友人達にも美しい沖縄の海を見てもらいたくて、結婚式は沖縄と最初から決めていました。
シーカヤックで沖縄のいろいろな海を見てきたので、本島で一番海の色が綺麗に感じた古宇利島の近くでビーチウェディングをしたいと思いました。
プライベートビーチでのウェディングができるので、海とビーチと青空が私達と参列してくれた親族だけのものという錯覚に陥るほどのロケーションと、波の音しか聞こえない静けさの中で挙式することができました。
参列した両親や友人達も「日本にこんな素敵な場所があるのね」と感動していました。これからは、大好きな沖縄でシーカヤックを楽しみながら幸せな人生を送っていきたいと思います。

『親孝行にもなった』
サクラ様(26歳)

『親孝行にもなった』

初めて沖縄を訪れたのは1年前、彼の実家にご挨拶をするためでした。
東京生まれ東京育ちの私にとって、田舎暮らしを体験する機会がなかったので、行く前はそういう意味でも緊張していました。ところが実際に沖縄に行ってみると、特に彼の実家の近所は昔から私もそこに住んでいたんじゃないかとすら思えるほど懐かしく温かい感じがして、一気に沖縄のとりこに。彼のお母さんやおばあちゃんの手料理も美味しいし、夜はご近所さんも一緒に踊りを見せてくれました。
踊りの最中居間の棚にふと目をやると、沖縄の輝く海をバックにした美しい花嫁さんの写真が…。聞けばそれは彼のお姉さんが2年ほど前に結婚した時のもので、地元の人と結婚したお姉さんは結婚式はせず、ウェディングフォトだけ残したとのことでした。
それを見たとき「私もこんなきれいな写真が残したい!」という思いがこみ上げてきました。それまで結婚式については何も考えていませんでしたが、沖縄で挙式して東京では1.5次会をすることに決めました。
そしてつい先日、無事に本番を終えることができました。沖縄の高い空と青い海をバックに誓った結婚は本当に幸せでした。まるで、映画のワンシーンのように撮っていただいた写真も、見返すたびにニヤニヤしてしまいます。
彼のご両親や親せきの皆さんは、私が沖縄で式を挙げたいと言ったことをとても喜んでくれたようです。うちの両親も初めての沖縄を満喫していた様子で、また来たいと話していました。親孝行にもなったので、沖縄ウェディングにして本当に良かったと思っています。

『海が祝福してくれているような、
素敵な式になりました』
アイ様(27歳)

『海が祝福してくれているような、素敵な式になりました』

高校生の頃、修学旅行で沖縄を訪れました。
あまりに美しい景色に感動し、「こんな素敵なところでいつか結婚式挙げたいな」と私がつぶやいたら、隣にいた彼氏が「いいね、それ。10年後に実現しよう」と言ってくれたのです。
当時は、おままごと気分の、現実味のない言葉でした。
しかし、いざ結婚しようと言う話が出た時に、私の脳裏にあの美しい沖縄の海が広がったのです。
彼も約束を覚えていて、二人で沖縄のどこで結婚式を挙げるか話し合いました。
挙式前に一度旅行に出かけ、そこで北部の美しい自然に出会ったのです。
透明度の高い海。深く青い森。真っ白な砂浜。澄み渡る青空。ゆったりと流れる時間。
理想のロケーションがここにそろっていました。

挙式当日。太陽に照らされキラキラと輝く青い海に祝福されながら、最良の時間を迎えることとなりました。
真っ白なウェディングドレスが、青い海に映えてすごくキレイだと、皆から口々に褒めてもらえ、とても嬉しかったです。
また、挙式後1週間ほどそのまま新婚旅行を楽しんだのですが、ますます沖縄のファンになってしまいました。
いつか、私達もここに移り住み、のんびりとした老後が送れたら・・・など、今から未来の自分達の姿を想像してしまいます。

『高齢の祖父母からも、
祝福してもらえました』
マイカ様(30歳)

『高齢の祖父母からも、祝福してもらえました』

リゾートウェディングを挙げたい!!
それは私の子供のころからの夢でした。
私には82歳の祖父と79歳の祖母、彼には75歳の祖母と80歳の祖父がいます。
海外旅行中に祖父母が体調を崩してしまったら、私達はどうして良いかわかりません。言葉が通じない異国の地で、入院することになったらと思うと二の足がすくんでしまい、長い間憧れ続けていたリゾートウェディングを諦めました。
そんな時、彼のおばあ様から「マイカちゃん。海外は私には厳しいけれど、沖縄だったら行けるわよ」と言ってもらったのです!

親族皆と、仲の良い大切な数人の友人と一緒に行った沖縄に、私は着いた瞬間一目でとりこになりました。
雄大な大自然は美しく、料理はどれも美味しく、何を見ても楽しくて、幸せでした。
来年は、彼と二人で結婚記念日を沖縄で過ごす約束をしています。

青い空の下、真っ白なウェディングドレスを着て、父親と一緒に歩いたバージンロード。
鼻をくすぐる潮騒の香り。
夢にまで見たリゾートウェディングを叶えることが出来て、大好きな祖父母にも祝福してもらえて、とても嬉しかったです。

『アルバムをめくる度に、
幸せな気持ちになります』
ユウコ様(39歳)

『アルバムをめくる度に、幸せな気持ちになります』

結婚適齢期を過ぎてしまってからの挙式でしたので、今さら友人や会社の人に祝福されながらの大々的な披露宴は、少し抵抗がありました。
そこで、リゾートウェディングを挙げようと思いついたのです。
3歳年上の彼も快く了承してくれ、どこで挙げるかインターネットで調べました。
色々な国のリゾートウェディングの費用を見ているうちに、沖縄なら予算内だと気が付いたのです。

結婚式は、両親と兄弟と私達だけ。両家そろっての大規模な旅行のようになりましたが、ホテルは私達二人きりにしました。家族は別のホテルに泊まってもらいましたので、式が終わった後はまるでハネムーンのよう。
ゆっくりと流れる二人だけの時間を満喫しました。

あまった費用で、ビーチフォトを撮影してもらうことにしました。
ウェディングドレス姿で、青い海をバックにして、まるで気分はモデルさんです。写真を撮っている間中、ずっと楽しくて、テンションが高くなってしまいました。
出来上がったアルバムは、どのページを見ても美しくて、まるで自分ではないみたい。
何度も何度も見返して、見返す度に幸せな気持ちに浸っています。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

PAGE TOP