沖縄ウェディング節約テクニック
沖縄リゾートウェディング【公式】The Premium OKINAWA Wedding Time

ロイヤルカイラ 沖縄リゾートウェディング【公式】 menu open

沖縄ウェディング節約テクニック

沖縄リゾートウェディング準備情報

地元の結婚式よりも招待人数が少ないことや、ハネムーンを兼ねて式を挙げられるため、準備の手間や費用を抑えられることで人気の沖縄でのリゾートウェディング。
とはいえ、挙式代に旅費と、かかる費用は決して安くはないもの。
今回は沖縄でのリゾートウェディング費用を抑えるポイントをお伝えいたします。

目次

一般的な沖縄リゾートウェディングの費用

沖縄のリゾートウェディングにかかる費用は、挙式代や披露宴代、交通費や宿泊費用を考えるとお二人でだいたい100万円前後。
ここにゲストを招待するとなると、ゲスト分の交通費や宿泊代、お食事代が追加され、ゲスト1名あたり10万円ほどになります。

地元での結婚式の場合は、かかる平均費用が300万円前後ですので、リゾートウェディングの方が国内での結婚式よりもリーズナブルに済ませることが可能です。

ゲストの宿泊代や航空券代をどこまで負担するかでも、かかる費用は大きく変わってきますので、リゾートウェディングを検討する際には、はじめに招待客についてや、負担をどうするかを決めたうえで決定するのが良いでしょう。

航空券代・宿泊代を節約する

リゾートウェディングにかかる旅費は実は大きく節約することが可能です。
というのも、沖縄は日本有数のリゾート地。
ゴールデンウイークや夏休みの大型連休があり、気温的にもリゾート感を満喫できる4~8月は人気のシーズン。
ウェディング以外でも、観光客が増え空港券代や宿泊代も一番安い時期の2~3倍までぐっと上がる時期です。

そのため、旅費を節約する場合には、オフシーズンである11月~2月がおすすめ。
9,10月は沖縄の台風シーズンにあたり、飛行機の欠便等の可能性もあるためウェディングでは避けた方が良いでしょう。
11月~2月は沖縄でも半袖では冷える時期になりますので、オフシーズンのリゾートウェディングを行う場合は、沖縄現地の平均気温を確認しておき、気温にあった服装を用意してもらうようゲストにも伝えておきましょう。

また、準備にそこまで手間のかからないリゾートウェディングでも、予定は半年前ほどから立てるもの。
航空会社によっては、3か月前からの飛行機の予約は値引きがあるなど、早期割引もあるため、そういった割引を利用するのもおすすめです。

挙式代金を節約する

通常の結婚式と言えば、新郎新婦の休みの都合や、ゲストが参列しやすいように土日祝日に行われることが一般的でしょう。
リゾートウェディングでも、土日祝日は人気の曜日のため、土日祝日が挙式日にあたる場合には、追加料金が発生することも多くあります。

リゾートウェディングの場合は旅行となるため、ゲストも3~4日沖縄に滞在することも多いでしょう。
二人きりでの挙式や、ゲストが少なく曜日を気にしなくても問題ないようであれば平日の挙式を選ぶのがおすすめです。

また、航空券代や宿泊費用も平日のほうが安く設定されている場合が多いため、挙式代とあわせて費用を抑えることが可能です。

直前に申し込んで節約する

地元での結婚式の場合、何か月も前から準備を進めるのが一般的ですが、リゾートウェディングの場合、必要なものがすべてパッケージになっていることも多いため、ゲストの参列がなく、挙式場に空きさえあれば1か月をきった直前に申し込むことも可能です。

ただし、空きがない場合や、希望しているオプションを申し込むことが出来ない、という可能性もありますので注意が必要です。
日にちが近づくと、ウェディング会社によっては挙式の直前割引があったり、航空券代の直前割引を利用できたりもしますので、自由度は減ってしまいますが節約するならこの日にちの近い挙式を申し込むのも一つの手です。

関連記事

PAGE TOP